2017年2月6日月曜日

HAPPINESS IS

私の母は大のスヌーピー好きで、私の子ども時代はスヌーピーのタンスやお弁当箱、コップ…スヌーピーで溢れていました。

何年か前までスヌーピーグッズはなかなか手に入りにくく、見つけては何かいい物がないか物色し母に知らせたりしていたのですが、ここ最近はコラボ商品などで案外どこでも手に入ってしまう。

そして、母によるとオリジナルのものと最近よく出回っているスヌーピーとは姿形が若干違うとのこと。そのことを聞いてから、スヌーピーの起源であるPEANUTSのオリジナル漫画を読みました。確かに何かが違う。

その漫画を読み絵の違いの他に気付いたことは、心動かされる言葉がさりげなく台詞にのせられていること。いくつか読み終えた時は何だか心が温かくなっていて、一つの作品として素晴らしいと感じました。

スヌーピーのキャラクター事情は詳しく知らないのですが、(もう亡くなってますが)作者が作品として大事に大事に育ててきたキャラクターが若干ながらも姿形を変え、簡単に手に入れられるようになり一人歩きしている状態が果たして作者や作品にとって幸せなことなのかと疑問に思います。

...



先日、母の誕生日でした。

スヌーピーについての知識が少し身に付いたので、今年は母が好きな初期の頃のスヌーピーが描かれたグッズを買おうじゃないかと探しに出かけ、運良くクラシックスヌーピー柄のポーチと出会いプレゼントしました。


ちょうどスヌーピーのシールもあったので、手作りで包装を。


   

誕生日おめでとう。

これからもスヌーピーを見つけては無邪気に喜ぶ可愛い母でいて下さい。
その姿を見れることは私の一つの幸せなのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿