2017年5月16日火曜日

rosas

久しぶりの更新になってしまいました。
ゴールデンウィークがありましたね、私は今年はアクティブに過ごせた気がします。

そんなGWの始め、天気が悪いけどせっかくの休みだからどこか行きたいと思っていたところにベルギーのダンスカンパニーROSASの「Fase」の舞台が目にとまりました。
このダンスカンパニーの存在は知らず女性がクルクル回るらしい...という安易な想像で何かよくわからなけれど興味が湧きどうしても観に行きたくなったのです。
善は急げで東京芸術劇場に向い、当日券を運良く手に入れて観ることができました。

ダンスを観に行くのも初めてで、どんなことが繰り広げられるのか全く想像がつかない状態で舞台が始まり...圧倒されました。
とても簡単に言ってしまうとそうなのですが、ある一定の動きをひたすら反復し、流れる音のわずかなズレに合わせて二人の動きもずれ、そしてまた同じ動きに戻る。
その時のスカートが揺れた時のシルエット、背景に映し出される影、ターンをする時の息遣い、衣装が擦れる音。そして、一寸の隙もない完璧な動き。今でも目に焼き付いています。

観終わった後にこのシリーズの動画を見たのですが、カメラワークも素晴らしく目を見張るものでした。ただこの空気は生の舞台でしか味わえないし、そしてその場で何が起こるかわからない。その緊張感も舞台ならではなのだと感じます。

rosas  5 pm



0 件のコメント:

コメントを投稿